Tag Archives: 稀勢の里

白鵬円熟期へ向かう?

貴乃花の引退記者会見を機にまたぞろ土俵外の喧騒が始まるのでしょうが、それはさておき土俵の話、大相撲秋場所を私なりの視点で総括させて頂きます。
(さらに…)

26 9月 2018

稀勢の里劇場継続へ

大相撲秋場所は十日目を終えました。中盤戦を経て終盤戦へと向かうところ。
稀勢の里は勝ち越しを得て、ひとまずは引退の危機を乗りこえました。贔屓としては胸を撫で下ろしております。
(さらに…)

19 9月 2018

稀勢と高安、腰高に非ず

休場明けの稀勢の里、序盤を土付かずで通過ってのは出来過ぎですね。
では、これをもって復活と言えるのかと問われるなら、答は否であります。

(さらに…)

14 9月 2018

初場所総括

先場所の最中に発覚した日馬富士による貴ノ岩暴行事件とその余波は年が明けても冷めやらず、報道という名を借りた雑音が耳障りな中で初日を迎えた初場所でしたが、雑音を意識的に無視することによって、いつもの場所より土俵上での出来事に集中できたのはケガの功名と言えるかもしれません。
(さらに…)

30 1月 2018

あえて稀勢の里について語ってみる

昨日は白鵬が通算勝ち星1048勝の新記録を達成したということで、その話をすべきところなのですが、この名古屋場所は職場のサマータイムと業務多忙によりまったく追えてませんで、頼みの深夜場所も録り溜まるばかり。恒例の序盤感想も中盤感想も述べらない有様なので、白鵬の記録について書けるような状況ではありません。申し訳ありません。
(さらに…)

22 7月 2017

東の正横綱は角界の鏡

夏場所総括でございます。
(さらに…)

30 5月 2017

稀勢の里不在の夏場所終盤へ

稀勢の里の休場と高安の2敗後退に意気消沈気味ですが、
夏場所中盤戦を終えての振り返りと終盤戦展望を述べてみます。
(さらに…)

25 5月 2017

稀勢の里、誰がために戦う

恒例ではございますが、夏場所序盤戦を振り返ってみたいと思います。
録り溜めしていた深夜場所をダーっと観てようやく追いついた所です。
(さらに…)

20 5月 2017

稀勢の里が新横綱の場所で優勝!

まさかまさかまさかまさかの千秋楽でした。
(さらに…)

27 3月 2017

春場所中盤感想

ゲンを担ぎまして、序盤感想と同じく1日遅れとさせて頂きましたが、春場所中盤感想と終盤戦展望を述べたいと思います。
(さらに…)

22 3月 2017

春場所序盤感想

1日遅れましたが、恒例の本場所序盤感想を述べたいと思います。
まー、なんと言いましょうか、田子ノ浦贔屓の茨城県民としましては表情が崩れるばかりであります。(^^)
(さらに…)

17 3月 2017

稀勢の里の土俵入り(・∀・)イイ!!

昨日(2/5)の日本大相撲トーナメントで稀勢の里が初優勝。
それよりも、国技館で初めてとなる稀勢の里の土俵入りに注目してました。
やー、これは良いですわ。初国技館でこれですからね。春場所までにかなりのレベルに仕上がると思います。
(さらに…)

06 2月 2017