剣道

剣道の話、色々と

神前と正面と正面性と

某ラジオ番組のようなタイトルになってしまったのはご愛嬌。A^^;

正面礼について、皆様は理解を得ておりますでしょうか?
私はと言いますと、剣道指導者の末席に居る者として情けない限りですが、理解半分というところです。

(さらに…)

25 2月 2019

剣道の試合での応援について考えた

剣道の試合での応援って、なんで拍手なのでしょうね?

(さらに…)

19 1月 2019

あれ?なんで素手なの?

低温乾燥が特徴の北関東の冬が本番を迎えました。
素振りする手も悴みますが、なんで素手で素振りするのでしょうね?

(さらに…)

11 1月 2019

剣道はスポーツです

正しくは「剣道競技はスポーツです」と言うべきなのでしょうが、全日本剣道選手権大会優勝者が剣道日本一と称されるように、世間一般の認識における「剣道」とは「剣道競技」を指す言葉ですから、「剣道はスポーツです」でも誤りではないと思います。

(さらに…)

07 1月 2019

今年の目標

本日は剣道教室の稽古始め&鏡開き。
というわけで、教え子には今年の目標を公言してもらうのですが、てことは私も公言せねばなりません。A^^;

(さらに…)

05 1月 2019

2018年の振り返り

今年は年間200回の稽古を自らの目標に課しておりました。
が、残念ながら届きませんでした。

(さらに…)

31 12月 2018

審判資格制度が必要かと

全日本剣道選手権大会翌日ですが、WKC(世界剣道選手権大会)の話です。ゴメンナサイ。A^^;

剣道日本0号(復刊特別号)Vol.2が届き、ありがたく拝読したところです。
その中で心の琴線に触れたのは、WKCにおける審判に関する話題でした。

(さらに…)

04 11月 2018

韓国のためのWKCではない

ちょいとカチンときたので脊髄反射的に書いてしまおう。
韓国の中央日報が【取材日記】日本のための剣道ではないという記事を掲載。
内容は想定内だけどタイトルが腹立たしい。ならば言おう「韓国のためのWKCではない」と。
(さらに…)

18 9月 2018

WKC審判問題は構造的なもの

韓国の仁川にて開催された17WKC(第17回 世界剣道選手権大会)は、日本代表が全部門優勝を飾って閉幕しました。日本代表選手の皆様、おめでとうございます。おつかれさまでした。

その17WKC、男子団体決勝の大将戦を筆頭に色々と物議を醸すものがありましたけれども、審判および判定の問題につきましては構造的なものだと思っております。

(さらに…)

17 9月 2018

2018年4月の稽古

4月の稽古回数は、八千代剣道教室の定例稽古が15回、出稽古が2回、これに茨道連総会稽古会と下妻地区月例稽古会を加え、合計19回でした。

(さらに…)

04 5月 2018

剣道PV

新年度に入り、稽古日や稽古時間を若干変更しましたので、八千代剣道教室ウェブサイトを更新しました。
その際に剣道のPV(プロモーションビデオ)として使えそうな動画を何点かピックアップしましたので、紹介します。

(さらに…)

21 4月 2018

「攻め」の考察

「攻め」が無い。
「攻め」が足りない。
(さらに…)

09 4月 2018