Author Archives: 甚之介

About 甚之介

少年剣道の指導員をしてますが、剣道の指導員は稼業ではなく、その正体は45歳の会社員。 「甚之介」という名前は剣客商売(池波正太郎著)の登場人物から拝借してます。「じんのすけ」とお読みください。

平成30年九州場所総括

遅くなりましたが九州場所の総括。
業務が忙しかったこともありますが、なかなか評価の難しい場所で筆が進みませんでした。
いつもにも増して散文調となります旨、あらかじめ陳謝いたします。< (_ _)>

(さらに…)

01 12月 2018

横綱の理と稀勢の里への情

大相撲九州場所も中盤に突入しました。
ここで序盤の振り返りをするのが恒例なのでありますが、今回は稀勢の里について語ることで代替とさせて頂きます。

気持ちに整理を付けませんとね、相撲を楽しめないのですよ。
(さらに…)

16 11月 2018

審判資格制度が必要かと

全日本剣道選手権大会翌日ですが、WKC(世界剣道選手権大会)の話です。ゴメンナサイ。A^^;

剣道日本0号(復刊特別号)Vol.2が届き、ありがたく拝読したところです。
その中で心の琴線に触れたのは、WKCにおける審判に関する話題でした。

(さらに…)

04 11月 2018

外道

この言葉を使うことにはかなりの葛藤があったけれども、やはり言わせてもらう。
貴乃花は大相撲の親方として相撲道を踏み外し、外道に堕ちてしまったと。
何度も逡巡したけれども、言葉が過ぎるとは思いません。

(さらに…)

29 9月 2018

祝 広島東洋カープ セ・リーグ3連覇

私の大好きな広島東洋カープがセントラルリーグ3連覇を果たしました!
☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ヘ(゚▽゚ヘ)☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡

(さらに…)

27 9月 2018

白鵬円熟期へ向かう?

貴乃花の引退記者会見を機にまたぞろ土俵外の喧騒が始まるのでしょうが、それはさておき土俵の話、大相撲秋場所を私なりの視点で総括させて頂きます。
(さらに…)

26 9月 2018

稀勢の里劇場継続へ

大相撲秋場所は十日目を終えました。中盤戦を経て終盤戦へと向かうところ。
稀勢の里は勝ち越しを得て、ひとまずは引退の危機を乗りこえました。贔屓としては胸を撫で下ろしております。
(さらに…)

19 9月 2018

韓国のためのWKCではない

ちょいとカチンときたので脊髄反射的に書いてしまおう。
韓国の中央日報が【取材日記】日本のための剣道ではないという記事を掲載。
内容は想定内だけどタイトルが腹立たしい。ならば言おう「韓国のためのWKCではない」と。
(さらに…)

18 9月 2018

WKC審判問題は構造的なもの

韓国の仁川にて開催された17WKC(第17回 世界剣道選手権大会)は、日本代表が全部門優勝を飾って閉幕しました。日本代表選手の皆様、おめでとうございます。おつかれさまでした。

その17WKC、男子団体決勝の大将戦を筆頭に色々と物議を醸すものがありましたけれども、審判および判定の問題につきましては構造的なものだと思っております。

(さらに…)

17 9月 2018

稀勢と高安、腰高に非ず

休場明けの稀勢の里、序盤を土付かずで通過ってのは出来過ぎですね。
では、これをもって復活と言えるのかと問われるなら、答は否であります。

(さらに…)

14 9月 2018

パワハラ問題2ndステージ

日本体操協会のパワハラ問題が大騒動になっておりますが、どうも争点が変な方向に流れつつあるような気がしまして、ブログに書いておこうと思います。

このパワハラ問題における私の注目点は、スポーツ界におけるハラスメント問題が新しいステージに進んだということです。

(さらに…)

02 9月 2018

終戦祈念日

久しぶりの投稿がこれってのもどうかとは思ったのですが、毎年書いてますので今年も書きます。

(さらに…)

15 8月 2018