大相撲

テレビ桟敷からの投稿

稀勢が雲竜型を選択する理由

稀勢の里は雲竜型の土俵入りを選択したとのことですが、育ての師匠である隆の里の鳴戸が横綱時代に用いていた不知火型を選択しなかったことを疑問に思う声が少なくありません。が、雲竜型で正解なのです。
(さらに…)

25 1月 2017

初場所全体総括

稀勢の里の優勝を受け、すでに記事を上げてしまってますが、あらためまして平成29年初場所の全体総括をしてみたいと思います。
(さらに…)

24 1月 2017

現役横綱の番付推移

ちょいネタ。
前記事を書くのにちょいと作った番付推移を現役横綱&稀勢の里に充ててみました。

(さらに…)

22 1月 2017

【祝】稀勢の里初優勝

とうとう成し遂げました。待ち焦がれてました。
本日が千秋楽であと一番残っておりますけれども、稀勢の里関の初優勝を心より祝福したい。
(さらに…)

22 1月 2017

好機を掴めない人の傾向

剣道ネタであり、相撲ネタであり、雑談でもあります。
(さらに…)

20 1月 2017

初場所中盤戦から賜杯の行方を占う

大相撲初場所も十日目を終えました。
恒例ではございますが、中盤戦から賜杯の行方を占いたいと存じます。
(さらに…)

18 1月 2017

初場所序盤感想

初場所序盤の5日間を終えましたので、恒例の序盤感想と中盤戦展望を述べてみたいと思います。
(さらに…)

13 1月 2017

座布団をデポジット制にしたらどお?

チョイネタなので本日2件目の投稿。A^^;
(さらに…)

10 1月 2017

平成28年の稀勢の里

私の贔屓力士である稀勢の里の平成28年を振り返ってみますと、2行で尽きます。
春場所と夏場所は抜群の安定感で下位力士を蹴散らしたけれども横綱に敗れて優勝次点に終わった。
九州場所は三横綱を含む対戦した役力士全員に勝ちながら平幕に3つも星を落として優勝次点に終わった。
(さらに…)

30 12月 2016

負けに不思議の負けなし【九州場所総括3】

今更ながら「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という言葉を思い起こしたのでした。ノムさん嫌いだけど偉大だわ。
(さらに…)

02 12月 2016

割崩しについて【九州場所総括2】

九州場所総括の続き。
審判部への不満は立合指導の他にもう1点あるのです。それは割崩し。

(さらに…)

30 11月 2016

立合良化せず【九州場所総括1】

まずは場所全体を通しての感想を。

相撲内容が落ちたのは七日目と千秋楽くらいなものではないでしょうか。他では必ず2~3番は記憶に残る相撲があり、土俵の熱気がテレビ桟敷までビンビンに伝わる場所でした。

ただ惜しむらくは、審判部が小姑化したほどには立合が良化しなかったこと。
(さらに…)

29 11月 2016