大相撲と天覧

この初場所は天皇皇后両陛下の招待を日本相撲協会が自粛したとのことで、いわゆる天覧相撲が見送られることになったわけですけれども、大相撲初場所の天覧が恒例行事となっていることの重要さと、それが特別なことであるということの理解は、ファンも含む大相撲関係者には共通認識を持って頂きたいものです。


天皇杯または皇后杯を賜り、その争奪大会を開催している競技は多数存在します。

私の守備範囲である剣道では全日本剣道選手権大会優勝者に天皇賜杯、全日本女子剣道選手権大会優勝者に皇后賜杯が授与されます。

同様に天皇杯と皇后杯の両方が下賜されているのは、サッカー、日体協(国体)、バレーボール、柔道、弓道、卓球、ソフトテニス、バスケットボール、陸上(駅伝)、空手道、これに剣道を加えた11団体。

天皇杯のみ下賜されているのは、六大学野球、競馬、軟式野球、アマ相撲、陸上(学生)、水泳、体操、テニス、レスリング、スキー、農林水産祭(!?)、これに大相撲を加えた12団体。

さらに、なぎなたに皇后杯のみ下賜されてます。
日本相撲協会に天皇杯が下賜されていることは特別なことではないのです。


が、しかし、天覧が恒例行事化しているのは大相撲だけの特別なことです。

剣道の天覧は戦前に遡らなければなりませんし、プロ野球の天覧試合は長嶋茂雄により伝説化している半世紀前のあの試合だけ。
Jリーグ、ラグビー、競馬、レスリング等でも天覧試合はそれぞれ1~数回。

対して大相撲は、昭和天皇のご観戦が40回、今上天皇のご観戦が22回と桁違い。
つまりは天覧相撲が毎年の恒例行事と化しているわけでして、特別過ぎるほどに特別なのです。

大相撲を国技と称することに賛否両論ありますけれども、天覧が恒例行事化していることは大相撲を国技と称することのこれ以上ない後押しであると言えるでしょう。

同じく国技であることを自負としている剣道に携わる者としては、悔しいほどに羨ましく思っております。


逆に言いますと、大相撲は天覧を失えばその特別性を著しく損ないます。

天覧を失うことは、国技を自称することの根拠、公益法人たり得ることの根拠、健全興業であることの根拠、国民的関心事であることの根拠、これら根拠の大きな柱を失ってしまうも同然であり、それを機に大相撲が風前の灯と化す可能性すらあります。

なので、なるべく早期に天覧を取り戻さねばならないのですが、不祥事を理由に天覧招待を自粛したのですから、再び天覧を頂くためには目に見える形での改善が必要です。

それが無い限り「大相撲に天覧を賜る資格など無い!」という当然の声に抗う術がありませんからね。

2月の理事選および理事長選で、八角理事長が再選されるのか、新理事長が誕生するのかは分かりませんが、選任された理事長の最も大きな仕事は天覧相撲を取り戻すことです。

なかなかの難事業だと思いますが、頑張って頂きたいものです。


Comments (2)

  1. shin2

    夕刊フジの記事だが、
    >>宮内庁関係者によると、相撲協会側は昨年10月、宮内庁に対して両陛下のご臨席を仰いでの天覧相撲を内々に打診。宮内庁も担当者を割り当てて検討していたが、宮内庁側は「両陛下が出席されるのには、時期と環境が整っていない」(関係者)と判断、協会側に対し招待を見送るように伝えていたという。
    >>https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180113/spo1801130001-n1.html

    天覧相撲の警備は厳重を極める。「予定」すら当日でなければ発表されない。かつて、前日に「明日は天覧相撲」とツイートした人が、日本相撲協会機関誌の月刊「相撲」の編集後記で批判されていた。
    「天覧相撲辞退」というニュースも初めて目にしたが、それにしても夕刊フジにベラベラしゃべる「宮内庁関係者」とは何者だ?

    なんか相撲協会全体が疑心暗鬼でピリピリしている印象だ。今場所こそリラックスして大相撲が観たいのに。

    Reply
    1. 甚之介 (Post author)

      shin2さん、コメントありがとうございます。
      遅レスで申し訳ございません。m(_ _)m

      この天覧招待見送りも協会自粛説と宮内庁意向説に分かれてますよね。
      マスコミ論調が、協会に一定の理解を持つ視点と、協会に批判的な視点とに分かれ、ファクトそっちのけのポジショントークで面白おかしく盛り上がってるだけのような気がします。
       
      そして、このところの不祥事(?)報道も協会内からのリーク合戦としか思えない状況が伺え、当事者達がそのみっともなさに早く気付いてほしいなぁと思うのみです。
       
      なお、初場所の土俵は贔屓の稀勢の里が休場となったにも関わらず、かなり楽しめてます♪

      Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です