年間200日稽古

平成30年の剣道に関する目標は「年間200日稽古」としました。

これまで剣道教室は火木土の週3回を稽古日に充ててましたが、昨年10月から金曜日の稽古を含めるようになり、稽古日は週4回となりました。
小中学生は自由参加ですけど、主催者の私は皆勤が義務付けられますので実のところなかなかキツイ。でもまぁ、なんとか定着しつつあります。A^^;

これまで年間の稽古回数をカウントしたことはなかったのですが、1年間=約52週とする単純計算で週3回の稽古回数は156回/年だったのに対し、週4回の稽古回数は208日/年ということになります。

実際は稽古場所である総合体育館の休館日等により目減りしますけれども、これに地区内の月例稽古会や寒稽古や土用稽古、講習会や出稽古が加わりますから、年間稽古量の目標=200日という数値は妥当な線かなぁと思ってます。

1年間、健康と生活ペースを維持できれば十分に到達可能な目標ですが、課題は稽古の量より質でしょうね。

自分が長を務める稽古環境では上手との稽古は望めませんし、下手すると小学生相手の稽古で終わってしまうことも間々あります。
その中でいかにして稽古の質を保つべきか?
難しい課題ではありますが、取り組まねばなりません。

六段挑戦はその先にあると思ってます。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です