首位のまま交流戦突入

大相撲本場所開催中とあって、いつもの年でしたら大相撲オンリーな奇数月なのですが、どっこい今年はカープが絶好調ということでプロ野球の方も気になって仕方ない。

気がつけば今日から交流戦。
カープは初めてセ・リーグ首位という立場での交流戦突入となります。

セ・リーグ順位表

セ・リーグ順位表

ちなみにパ・リーグの首位はバファローズ。
ほとんどの人がセはジャイアンツ、パはホークスを本命に挙げる中、誰もこの両チームが首位を走る形で交流戦を迎えるとは思わなかったでしょう。

ベルたそ&スラ様

ベルたそ&スラ様

ミコライオの離脱、先発の6人目がなかなか出てこない、1番バッターが定着しない、等といった心配事もあるにはあるのですが、ミコの代わりに上がってきたフィリップスがそこそこ使えそうですし、防御率0.00の一岡も健在、交流戦は基本2連戦なので6人目の先発は不要、1番は梵が定着しそう、といった具合に何かが欠けてもすぐ埋まるのが今年のカープの特徴です。あまり不安視してません。

が、しかし、交流戦にあまり良い印象のないカープではあります。
昨年=2013年は11勝13敗で8位、2012年は10勝11敗で6位、2011年は6勝16敗で最下位でした。絶好調な今年は、これら過去のデータを払拭して頂きたいものですね。交流戦優勝だーなんてことは言いません。手堅く勝ち越してほしい。

それとDH制の試合での打順も気になるところ。
外野守備に不安のあるエルドレッドをDHに入れるならば、松山と廣瀬が常時出場させてもらえそうで嬉しいな。

會澤も一軍に上げてもらって起用してもらえているし、私としては、あとは東出待ち。ファームで3割切ってるようではまだ上がれないかな?
1番セカンド菊池、2番サード東出なんてのを観たいのですけどね。

交流戦もこのままカープの快進撃を観たい!


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です