稀勢の里の化粧まわし

稀勢の里に新しい化粧まわしが贈られたそうですね。
今回贈られた化粧まわしもユニークですが、これまでの化粧まわしもなかなかユニークなものが多い稀勢の里。
振り返ってみましょうか。


これはたしか幕内初期の頃の化粧まわし。
稀勢の里と零戦。なんかピンと来ませんが、おそらく霞ヶ浦海軍航空隊につながるのかなぁと予想。

富士と零戦(ジーク証券)

富士と零戦(ジーク証券)


これも初期の頃。河童はもちろん牛久沼の河童。
でも稀勢の里は馬の方のイメージ。A^^;

馬と相撲を取ろうとする河童(郷土後援会)

馬と相撲を取ろうとする河童(郷土後援会)


これは有名。はろうきてぃ。

竜虎キティ(御当地はろうきてぃ)

竜虎キティ(御当地はろうきてぃ)

もちろん、キティちゃんから手渡されました。なんか良い感じw

キティと稀勢の里

キティと稀勢の里

そしてキティちゃんに嫉妬する淳子さんがこちら


こちらは師である故・先代鳴戸の揮毫による化粧まわし。大関昇進時に贈られたもの。
田子ノ浦部屋となった今では・・・

夢(鳴戸部屋後援会)

夢(鳴戸部屋後援会)


これも大関昇進時に贈られたもの。
筑波山、牛久沼、そして梅にウグイス。これぞ茨城って感じの正統派。

筑波山と牛久沼(郷土後援会)

筑波山と牛久沼(郷土後援会)


やはり大関にもなると遊び心あふれる化粧まわしはNGなのかなーと思ってましたら、こちらが今回、龍ケ崎の建機メーカーである諸岡から贈られた化粧まわしです。

重機(MOROOKA)

重機(MOROOKA)

アメリカンコミックな「DODODODODO」が良い味出してますw

良いですねー。実に良い。
何が良いかと言えば、重機が重心の低さと安定感の象徴であること。稀勢の里に求められるものそのまんま。A^^;
この化粧まわしに描かれているままに、夏場所はDODODODODO!と快進撃を願いたいものです。


おまけ。大関、かわいいじゃねーかw

重機の運転席で童心に還る大関

重機の運転席で童心に還る大関


Comments (3)

  1. つも

    零戦の連合国側でのコードネームが『ジーク』。
    そこらから、というのもあるのかな、とおもいました

    Reply
    1. 甚之介 (Post author)

      なーるほど。
      そのジーク証券もリーディング証券に買収されて今は存在しないらしいです。

      Reply
  2. Pingback: 横綱稀勢の里土俵入り | 甚之介の剣道雑記帳2

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください