カジノ賛成パチンコ反対

タイトルそのまんまですが、カジノ法案の成立を歓迎し、その一方でパチンコの在り方には疑問を持っております。


まずカジノですが、カジノ法案(IRの整備を推進する法案)の成立によって、初めて日本にカジノが誕生するわけではありません。

某スポーツ競技の五輪強化指定選手が出入りして多額の賭け金を投じていたことが問題となり、永久追放処分を受けたことはまだご記憶の方も多いと思いますが、日本にはすでに闇カジノという稼業が成立しているのです。

闇カジノによりギャンブル依存症や治安悪化は既に招いてます。これら闇カジノを警察が徹底的に摘発して殲滅を図ろうにも、もぐら叩き状態が続くばかりでキリがありません。

ならば、カジノを合法化することで表のビジネスに引き上げてしまい、観光産業との連携や税収への組み込みを図ると共に、闇カジノを経営する反社会的組織からパイを奪ってしまう方が得策だと思うのです。

また、日本にカジノが無い前提であるから、闇カジノによるギャンブル依存症や治安悪化への対策が後手に廻る傾向にありますが、カジノを合法化する以上はそれらへの対策もまた法律上に明記され、積極対策が可能となるはずです。

実のところ私はカジノが日本の文化に馴染むとは思っておりませんし、カジノ法案賛成派が言うほどには日本の観光産業やショービジネスへの波及効果があるとは思っていないのですが、闇カジノが林立する現在よりはマシになると思いますので、カジノ法案には賛成します。


一方、庶民の娯楽という仮面をかぶりつつ、その実態は純然たるギャンブルであるパチンコの在り方には以前より疑問を抱いております。

パチンコの景品交換システムは完全に脱法行為ですよね。テレビで放映することも漫画に描くこともできない景品交換。不適切だが違法ではないってやつでしょうか。

カジノを合法化するのでしたら、パチンコもギャンブルとして合法化すればよろしいのにと思ってます。
もちろん合法化したらその利益にはギャンブルに相応しい税率が適用されますし、お金の出入りも更なる透明化が求められます。

そこまでやるなら話は別になりますが、今のままのパチンコであるならば、それはカジノよりもいかがわしい存在と言わざる得ません。

カジノ法案に反対するならば、パチンコに対しても厳しい姿勢で臨まないと、ダブルスタンダードの誹りを免れないと思うのですけどね。<4野党の皆様


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です