祝 圏央道埼玉区間全開通

実は知らなかったのですが、圏央道は白岡菖蒲と桶川北本の間が10月31日に開通するそうですね。
これ、茨城県西にも意外とインパクトあるなー。

と、言いますのは、11月8日に開催されます諏訪湖剣道大会(長野県岡谷市)に高校剣道部が参加する予定なものですから、ちょいとNAVITIMEで下調べしてたのですよ。

最初、出発時間と曜日だけ合わせてルート検索をしまして、こんな結果が出ました。

10月18日の所要時間

10月18日の所要時間

で、ちゃんと日付を大会当日に設定してルート検索した方が精度の高い結果になるかもなーと思い、11月8日に設定しなおしてルート検索させましたら・・・

11月8日の所要時間

11月8日の所要時間

あらららら、時間にして約30分、距離にして約25kmも短縮してるじゃありませんか。

なぜなんだろ?と思って検索されたルートをよく見てみましたら、先に挙げました圏央道・白岡菖蒲-桶川北本間の開通が反映されてるのですね。NAVITIMEすごいなー。

つまり、下の地図を見てほしいのですが(クリックで大きくなります)、境古河ICから岡谷ICへ行く際に、圏央道開通前は首都高を通らないと中央道に抜けられない(赤線のルート)ところ、圏央道開通後は青線でマーキングしたルートでショートカットできるので、首都高を通る必要が無くなるってわけです。

境古河IC⇒岡谷ICルート

境古河IC⇒岡谷ICルート

この開通は茨城県西の住人にとってもありがたいですね。
首都高を通らずに中央と東名に抜けられるってのはホント嬉しい( ´艸`)

圏央道、あとは茨城区間が全開通すれば、空の玄関=成田と直結します。
思っていたより圏央道って便利重宝しそうで、行動範囲も変わるかもしれませんね。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です