今年のカープは楽しい

2013年4月17日終了時セ順位

昨日のタイガース戦でセの全チームと一通り対戦したことになり、カープはジャイアンツ3連戦で1勝2敗とした以外、全カード勝ち越しの貯金6。なんと首位であります。

2013年4月17日終了時セ順位

2013年4月17日終了時セ順位

久しぶりという言葉では足りませんが、ホント久しぶりにワクワクさせてくれる今年のカープです。

先発は前田健太、野村祐輔、バリントン、大瀬良、篠田。これに九里が谷間を埋めて万全。
中継ぎは未だ無失点の一岡を筆頭に中田、永川勝浩ほか層が厚く、抑えのミコライオもまずまずの安定感。

まだまだ打線に火がついた状態ではないにも関わらず、首位争いを演じることができているのは充実した投手陣のおかげ。なにせ最少得点で最少失点、そんでもって首位なのですから。

こうなりますと、打線の奮起を期待したいところですが、こちらも昨日に点火。
なんかとても良い感じです。


開幕当初のスタメンは

CF 丸
2nd 菊池
RF 松山/廣瀬
1st キラ
SS 梵
LF エルドレッド
3rd 堂林/小窪/田中
CF 石原

という感じでしたが、2番の菊池以外はノムケン監督の構想どおりには機能していない状況。救いはこのところ好調のエル。

丸の出塁率は不足ながらも菊池が好調で塁にランナーは出るのだけれど、クリーンナップがその役割を果たさないもんだから点が取れない。

で、勝負強さはそこそこ発揮していた丸を3番に据えて、4番エル、5番は日替わりというオーダーをお試し中のご様子も、丸の代わりの1番がまったく出塁してくれずに得点力がさらに低下。
さーて、どうしたものか。ノムケン監督のお手並み拝見であります

私個人的に気になっているのが東出と河内、それと會澤の動向。
河内と會澤は開幕ベンチ入りも使われないまま登録抹消。

中継ぎが安定しているとはいえ左の中継ぎが稀少な中で、河内を使わずに落としたのはなぜ?

石原が8番で沈黙しているのも得点力低下の大きな要因なのに、打力のある捕手=會澤を使わずに落としたのはなぜ?

1年ぶりに実戦復帰、2軍で3割超えの打率を残している東出、サードが日替わりな今こそ上げる時だと思うのですけど。

まー、こういう悩みさえも楽しめてしまうのは投手陣が安定しているから。
投手陣が疲れを見せ始める連休明けまでに打線が確立することを祈ってます。

がんばれカープ。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です