Kuchen Backen閉店

古河市仁連のKuchen Backenさん、先月で閉店しておりました。orz

勤務地が遠方かつ仁連に背を向ける方向になった昨年末以降、すっかり足が遠のいてしまっていた私が悪いのですが、Kuchen Backenさんの閉店を全く知りませんでした。やー、ショックですわ。

旧ブログも含めて写真をゴソゴソしてみましょうか。


モンブラン・バースデーケーキ

モンブラン・バースデーケーキ

季節を彩るKuchen Backenさんのケーキ。中でも秋の風物詩と言ってよい岩間産の栗を使ったモンブランは秀逸な絶品でした。予約しないとすぐ売り切れ。
我が家では長男が大・大・大ファンになってしまい、写真のような巨大モンブランをバースデーケーキにして頂いたものです。今は越後長岡で大学生している長男、閉店を残念がることでしょう。


佐藤錦のタルト

佐藤錦のタルト

こちらは初夏の風物詩で、前述のモンブランよりも売り切れが早かった佐藤錦のタルトです。
下手な写真で見目麗しさの半分も表現できておりませんが、某グルメタレントの「宝石箱やー」でも全く言葉が足りないほどの艶やかな外観に心が躍ります。
口に入れますと、これがまた美味なんてもんじゃないのです。佐藤錦そのものの美味しさをさらに引き立てる甘さを抑えたクリームとのバランスが絶妙で、食べ終わった後にボーっとしてしまうほどの口福を味わったものです。あー、来夏は食べられないのかー。


Kuchen Backenの杏仁プリン

Kuchen Backenの杏仁プリン

こちらは杏仁プリンの苺ゼリー載せ@母の日仕様ですね。どーです?センス抜群でしょ?
外観だけではなく、小さなゼリーから苺の香りと味が強く主張されることに驚かされ、杏仁プリンも苺の果汁を染み込ませたものとプレーンの二層になっていて、口の中で感じる甘味の変化がとても楽しい。かわいいだけでは終わらないのがKuchen Backenさんのケーキなのでした。


Kuchen Backenさんのケーキの中で私が最も愛したものが、リキュールを効かせた大人味のティラミス。シャンパンのジュレなんてものも過去には頂きましたが、Kuchen Backenさんはお酒の使い方がとっても上手いし上品なのです。

これよりお酒が舌に残ると野暮になり、これよりお酒が感じられないと大人の味にならない、そんなバランスを熟知されているなぁと、いつも感心させられてました。この点では他の店では代替になりませんから、閉店の知らせに困ってしまいます。

あ、写真がない!
いつも食べてから写真撮ってないことに気付く。それくらい夢中になっていたということです。A^^;


Kuchen Backenさんのブログにもありましたが、惜しまれる中での閉店であり、かすかな望みではあるけれどもまた再開するかもしれないということですので、気長に待ちたいと思います。

Kuchen Backenさん。華麗で美味しいケーキの数々、ありがとうございました。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です